かゆみにはサプリで予防と治療を!体の中から効果を実感

かゆみ サプリ

かゆみ物質のヒスタミンの働きを抑制する食べ物と増やす食べ物

 

 

かゆみを引き起こすヒスタミンという物質によってかゆみの症状が出やすくなるのですが、このヒスタミンというのは食品の中にも含まれていることもあります。逆にかゆみの抑制をしてくれる食品もあるのです。

 

●ヒスタミンを増やしてしまう食べ物は?
ヒスタミンを増やしてしまう食べ物として、コーヒーやチョコ、魚介類、魚などが挙げられます。これ以外にもなすやほうれん草などもヒスタミンを増やしてしまう要因になっている食べ物もあるのですが、肉類などの方がヒスタミンが増加されやすい傾向にあります。ヒスタミンというのはタンパク質の一種で、ヒスタミン受容体と結びつくことによってかゆみの症状が出てしまうと考えられています。ですのでかゆみの症状に悩まされているのであれば、これらの食品は控えるようにした方がいいでしょう。

 

●ヒスタミン自体が含まれている食べ物
次にヒスタミン自体が含まれている食べ物として、肉や鯖、鮭、コーヒー、チョコ、セロリ、トマトなどが挙げられます。

 

●ヒスタミンを抑制してくれる食べ物
ぶどうやオレンジ、レモン、いちごなどと言った果物やキャベツ、小松菜、緑茶、海藻類、納豆などはヒスタミンを抑制する作用があるとされています。かゆみの症状を改善させていきたいのであれば、このような食材を食事にしっかり取り入れることで、ヒスタミンの働きを抑えてかゆみを改善させていくようにしてみてください。ただし即効性があるものではないですから、毎日継続して食べるようにすることが大切です。

 

ボディークリームで乾燥肌によるかゆみを防ごう

 

乾燥肌になってしまっていると、肌にそれだけ大きな負担をかけてしまいますし、刺激に弱くなってしまって、かゆみの症状が出てしまうこともあります。かゆいから掻いてしまいたいと思ってしまいがちですが、掻いてしまうと爪などによってそれだけ肌を傷つけてしまい、さらに悪化してしまうかもしれません。

 

特に足の裏というのは、乾燥しやすくなりひび割れや粉が生じてしまうこともあります。この乾燥肌対策としてボディクリームを使うという方法もありますが、どのように使えばいいのでしょうか?

 

初めに、お風呂に入っている時にこすりすぎてはいけません。こすりすぎてしまうと、角質や皮脂を余計に取り除いてしまうことになり、乾燥肌が悪化しやすくなってしまいます。ですので適度に角質や皮脂を残しておかなくてはならないのです。

 

この他にも、お風呂は面倒だからシャワーを浴びている人もいると思います。ですがシャワーだと体を温めることが出来ませんから、血行を良くすることが出来ません。ですのでぬるま湯でじっくり体を温めるようにしましょう。

 

そしてお風呂から出たらすぐにボディクリームを塗るようにしてください。入浴後15分経過したくらいから、だんだん肌内部の水分が蒸発してしまいますので、それまでにボディクリームで保湿をして乾燥を防ぎましょう。

 

かゆみの症状まである乾燥肌というのは、相当肌が乾燥してしまっているかもしれません。ですのでどんなボディクリームでもいいというわけではなく、しっかり保湿をすることが出来るクリームを肌に塗るようにしましょう。またタイプで言えば、テクスチャーが濃い物を使うようにした方が、乾燥を防ぎやすくすることが期待出来ます。

 

二の腕に湿疹ができてしまう原因と対策

 

二の腕にブツブツが出来てしまって、しかもかゆい場合、二の腕のどこに出来ているのかによって原因は違っています。ですのでどこにブツブツが出来ているのかを確認しましょう。

 

ブツブツが内側に出来てしまっているのであれば、服の摩擦によって刺激を受けてしまっていることが原因になっている可能性があります。外側の場合は、普段から刺激を受けやすいため、刺激に対して耐性を持っているのですが、内側というのはプヨプヨしていて、肌も薄く刺激に対してあまり耐性を持っていないのです。

 

逆に外側がブツブツしてしまっているのであれば、タオルや大気中のチリなどが原因になっていることが多いです。外部からの刺激を受けすぎてしまったことによって、肌内部の水分を失ってしまって乾燥してしまっていると、刺激の影響を受けやすくなり湿疹が出来てかゆくなってしまうことは多いのです。

 

湿疹が出来てしまっていてなおかつ痒みも伴っているということは、敏感肌になっていると考えることが出来ます。掻いてしまうと悪化してしまう恐れがありますので、掻かないようにすること、そしてしっかり保水と保湿をするようにして肌を乾燥から守るようにしてください。

 

この他にも尿素が含まれているクリームなどを使うという方法もあるのですが、尿素の刺激が強すぎてしまうこともあります。ですので低濃度のものから使うようにしていく方がいいでしょう。それでもなかなか症状が緩和されない場合は、念のために皮膚科に行くことも検討してみてください。

 

服を着るとチクチクしたかゆみが!その原因は敏感肌?

 

服がどのような素材で作られているのかによっては、首や腹部などがかゆくなってしまうこともあります。ただこれは素材に問題があるというものではなく、あなたの生活習慣や肌の種類に問題があります。

 

硬めの繊維によって作られている服を着たら、チクチクとした痛みとかゆみを伴ってしまうことがあるのですが、これは肌が刺激を受けてしまっているためです。逆に柔らかい素材で作られた服だと全く痒くなかったりするのではないでしょうか?特にウールや化学繊維というのは、耐久度が高い分硬めになっています。そして繊維が針のように肌に刺激を与えてしまっているんですね。

 

しかし必ずしも硬い繊維の服を着てもかゆくなる人もいれば全く痒くない人もいます。これは肌が敏感な状態になってしまっていることが原因になっています。つまり敏感肌を改善させることによって、チクチクとしたかゆみを解消・軽減させていくことが出来るようになります。敏感肌になってしまっているということは、肌のバリア機能が低下してしまっているということです。そしてバリア機能が低下しているということは、乾燥肌になっていると思っていいでしょう。

 

ですので肌の乾燥を解消させることが第一歩となります。肌の乾燥を防ぐために、セラミドなどを使って細胞間脂質を増やし、保水力を高めて保湿クリームなどでしっかり保湿をすることが大切です。また洗浄力が強力なボディソープだと、なおさら乾燥が進んでしまいやすいですから、洗浄力が弱めのボディソープに切り替えることをおすすめします。

 

肛門掻痒症って何?どうやって予防をしていけばいい?

 

肛門の周りにかゆみを生じさせる病気を肛門掻痒症という総称で呼ぶのですが、この病名は二つに分かれています。原因を特定することが出来るものは続発性肛門掻痒症といい、原因が分からないものは特発性肛門掻痒症に分類されます。炎症や細菌、シラミ、カビなどによって引き起こされてしまうこともありますし、ナプキンや下着によってかぶれてしまうことやウォシュレットによって過剰に洗いすぎる、下痢を繰り返すなどと言ったことが原因になっていることもあります。

 

肛門の周りがかゆくて病院にいくと、細菌やカビに感染していないかを調べることから始めます。そしてその原因に合わせて治療方針を決めていくことになるのですが、病気によっては抗真菌作用がある軟膏やステロイドなどが処方されることもあります。これらの薬を使いつつ経過を見て、また状況に合わせて治療が継続されることになります。

 

肛門掻痒症にならないようにしていきたいのであれば、肛門周辺を清潔にすることが大事です。硬めのトイレットペーパーなどを使っていると肌を摩擦してしまい、肛門掻痒症になることもありますから、トイレットペーパーを見直したりしましょう。この他にも唐辛子などのような辛い調味料やお酒なども控えるようにしたり、通気性に優れている下着に切り替える方法も有効になっています。

 

また見落としがちなのですが、お風呂から出たらしっかりお尻をタオルで拭くようにして、水気を取ってから下着を履くようにしてくださいね。水気が残ってしまっていると、下着の中の湿度が高くなってしまい、肛門掻痒症を引き起こすリスクが高くなってしまいます。

 

漢方で皮膚炎のかゆみでおすすめなのは?

 

皮膚炎というのは、原因が様々ですから、改善させていくのはとても難しいです。皮膚科での治療として、ステロイド軟膏が処方されることも多いのですが、あまり長期的に浸かってしまっていると副作用やリバウンドのリスクも伴ってしまいますよね。

 

なるべく副作用を気にせずに皮膚炎の治療をしたいのであれば、漢方も検討してみるといいかもしれません。

 

医薬品の場合は、炎症やかゆみといった症状を緩和させることが期待できるのですが、皮膚炎の原因に対してアプローチをしていくわけではありません。漢方の場合は、原因を解消させることを目的位にしています。

 

なお、皮膚炎によるかゆみでも、体質や原因というのは様々ですから、その人にあった漢方が処方されることになります。漢方の観点から見ると、お血という血液が停滞していたり、血液の状態が悪くなってしまっていることが原因になっていることが多いです。

 

この他にも、血行不良である血虚が原因になっていることもあります。このような原因に合わせて、適している漢方も違っているのです。皮膚炎の一つであるアトピー性皮膚炎の場合、越婢加朮湯などといった漢方が処方されることが多いです。もちろん体質などによっては、別の漢方と併用して飲んだりすることもあります。

 

そして、蕁麻疹の場合は、血行不良が原因だとされていますので、当帰飲子といわれる漢方が処方され、ニキビのような皮膚炎の場合は、桂枝茯苓丸や芍薬などが処方されることが多いです。

 

ただし、あくまでもこれらの漢方というのは一例であり、その人に適しているとは限りません。ですので、かゆみ サプリか漢方を飲もうか考えているのであれば、漢方薬剤師や漢方医に相談をするようにしましょう。

 

血糖値と眠気の関係について

 

食事をした後に眠気やだるさを感じることはありませんか。それは、食後血糖値が高いというサインかもしれません。血糖値と眠気の間の関係性について、詳しく見ていきたいと思います。食後高血糖が高いという人は、隠れ糖尿病である可能性も高いのです。食事をした後、急激に眠くなってしまうという人は、血糖値が高くなっているのかもしれません。食事から2時間後の血糖値が140mg/DL以上となってしまうと、尿の中に糖が排出されるようになっていきます。→食後の血糖値を下げるサプリがおすすめ

 

そして、余分な糖を薄めていくために、腎臓が水分を多量に排出してしまうために、多尿の症状となってしまうのです。エネルギー源である糖が排尿と同時に失われてしまうことによって、空腹感や眠気を感じてしまうこととなります。異常なほどの眠気というのは、糖尿病の主な症状のひとつとして知られているのですが、強い眠気以外にも、持久力の低下や目のかすみ等が見られる場合であれば、糖尿病の可能性を考えてみたほうがいいかもしれません。

 

高血糖が原因とされる眠気は、食後2時間後の血糖値が高くなる食後高血糖の場合に多く見られるようです。でも、そんな中、食後血糖値が高いにも関わらず、空腹時血糖値が正常範囲に収まっているようなケースも存在しています。通常の健診においては、空腹時血糖値だけを検査する場合も非常に多く、食後に血糖値が急上昇するタイプの糖尿病を見逃してしまうことも多々あるのです。

 

これは隠れ糖尿病と呼ばれていて、発見が遅れがちになってしまうことから恐れられています。また、空腹時血糖値と食後血糖値の差が大きくて、血糖値が乱高下してしまう状態においては、動脈硬化のリスクが非常に高まるということも知られています。マウスの実験においても、恒常的に高血糖である個体より、血糖値を急上昇させた個体の方が、血管へのダメージが大きかったという結果があります。